skip to Main Content

【本格デトックス-その7】デトックスで個人的に最も大事なサプリメント「グルタチオン」

こんにちは、ゴジッポです。

今日はとても久しぶりにデトックスについて記事を書きます。

仕事が多忙だったため前回の記事からかなり時間が経ってしまい、申し訳ありません。

デトックスするためのサプリメント、デトックスをサポートするためのサプリメントは数がかなり多く、何が必要かは人によってケースバイケースになるので、今回は個人的に最も大事なサプリメントのグルタチオンを紹介したいと思います。

グルタチオンとは

(主な内容が残念ながら有料になってしましたが)このサイトでも書かれていますが、デトックスをするにあたって、グルタチオンは必須レベルのサプリメントです。

グルタチオンは体内で作られる抗酸化物質で、肝臓の解毒機能をサポートし、フリーラジカルを中和し、免疫系を強化する作用があります。

健康な体であれば、十分な量のグルタチオンを作りますが、歳と共に作る量が減りますし、重金属などの毒素の影響でも減ります。

グルタチオンの作る量が減ってしまうと、フリーラジカルによるダメージが増え、免疫力が下がり、病気になりやすくなり、毒素の影響を受けやすくなってしまいます。

グルタチオンを増やすには色々な方法があります:

  • グルタチオンのサプリメントを飲む
  • グルタチオンの前駆体のサプリメントを飲む
  • 硫黄が多い食べ物を食べる(特に生のニンニク、玉ねぎと生姜。他に卵黄やホエイプロテインも)
  • アブラナ科野菜(ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーなど)を食べる
  • 運動をする
  • など

グルタチオンのサプリ

昔はグルタチオンをサプリにすると消化器官で分解され、うまく吸収されていなかったので、体外からは主に点滴で摂ることになっていました。

しかし最近では体でちゃんと使われるサプリが増え、サプリでも効果を期待できるようになりました。

効果があるとされている形は還元型のグルタチオンと一番効果が高いリポソマールのものです。

還元型は普通のカプセルで飲めるので、他のサプリと変わらない使用感で値段も割と安めで効果も実感できると思います。

iHerbが売っている中では人気が一番高いのはJarrow Formulasの商品ですが、Healthy Originsのサプリは日本で作られた医薬グレードのグルタチオンを作っており、質が非常に高いです。

還元型よりも吸収されやすく、効果ももっと実感しやすいのはリポソームのものです。

皆様ご存じのLypricelのグルタチオンはiHerbで最も人気でよくトップ10入りしています。

味がかなり強烈なので、苦手な方にはAurora Nutrascienceのリポソームのグルタチオンをおすすめします。コスパもこちらの方が良いです。

上記で説明した通り、グルタチオンがちゃんと吸収されるための工夫が必要であり、その影響で発売が割と新しく値段も高めです。

しかし、点滴よりははるかに手軽で、最近はグルタチオンを扱っているブランドが増え、値段が下がることも期待できます。

グルタチオンの前駆体のサプリ

グルタチオンのサプリを飲む他に、前駆体のサプリ(飲むと体内でグルタチオンが生成されるサプリ)を飲むのも効果的です。

その中で最も効果的なのは喘息にも効果的とされているNAC( N-アセチルシステイン)です。グルタチオンの生成量を増やす効果が最も高くデトックス効果もあります。

iHerbで最も人気があるのはDoctor’s Bestのこちらです。NACの他にデトックスのサポートをするセレンとモリブデンも配合されています。

他のグルタチオンの前駆体のサプリではR-ALA(おすすめはLypricelのリポソームのもの)、セレン(サプリよりブラジルナッツを食べた方がおすすめ)、ビタミンC(LypricelAurora Nutrascienceのリポソームのものなど)やビタミンB群(こちらもLypricelがおすすめ)もおすすめです。

(余談ですがLypricelのほとんどの商品はデトックスに効果的です。それらを飲んで美白効果があったり、体調が良くなった方はほとんどデトックス効果があったからだと思います。)

注意点とモリブデンについて

減った状態からいきなりグルタチオンの量を増やすと、好転反応のような症状が出たり、体調が悪くなることもあるので、どの形であれ、最初は少量で飲み始めて少しずつ量を増やした方が安全だと思います。

また、体が弱っている状態で硫黄が多い食べ物(ニンニク、玉ねぎ、卵黄など)を食べたりサプリ(グルタチオン、NAC、MSMなど)を飲んだりすると、それらをうまく処理できない場合があり、かえって体調が悪くなることもあります。そういう場合はモリブデン(こちら(カプセル)こちら(液体)など)を飲むことをおすすめします。

モリブデンは硫黄化合物に対する感受性を軽減する効果があるので、飲むと硫黄が多い食べ物を多く食べたり、硫黄系のサプリもより多く飲むことができ、デトックスを早めることも場合によっては可能になります。

他にモリブデンはカンジダ菌とカンジダ菌が出すアセトアルデヒドという毒素のデトックスや(体内に多すぎる場合)銅のデトックスにも効果的とされています。

日本の土壌でモリブデンが多く含まれているので、健康的な食生活を送っている人は不足することがほとんどないですが、外食やインスタント食品、ジャンクフードなどをよく食べる人は不足しがちです。

モリブデンは過剰摂取しても尿で排泄されるのでほとんどの場合は安全ですが、銅との関係があり、取りすぎると体内の銅が不足することもあるので、飲む場合は指示に従った方が安全です。

参考URL

関連記事

Aurora NutrascienceのリポソームのビタミンC!コスパが良くて、効果も実感しています

こんにちは、ゴジッポです!

今日紹介する商品はAurora NutrascienceのリポソームのビタミンCです。

Aurora Nutrascienceは最近iHerbで販売が開始したばかりですが、Vitacostなどではかなり前からあるブランドです。

発売されたときに軽くこのブランドの商品をこちらの記事で紹介したので、興味のある方は読んでみてください。

今まで買ってきたLypricelのビタミンCよりコスパがかなり良いので、発売してすぐ注文してみました。

ビタミンCの量だけを見ると、こちらは96グラムで4577円(1グラムあたり47円)で、Lypricelは30グラムで3543円(1グラムあたり118円)で、半額以下になります。

そして、Aurora Nutrascienceの方はボトルタイプで小さい計量カップが蓋のところにあるので、取る量の調整も簡単にできます。大匙1(15ml)でビタミンCを3グラム摂れるので、もっと少なく摂りたい場合は小さじ1でちょうど1グラム摂れる計算です。

一日1グラムを摂りたいと、96日間分が入っていることになりますが、開けてから45日以内に飲むように書かれているので、実際家族で飲むか、一人で飲むと一日2グラム以上(小さじ2以上)で飲む必要があります。そう考えるコスパが少し下がりますが、それでもLypricelよりだいぶ安いです。

私の場合はあまり細かく計算したくないので、指示通り一日大匙1を飲んでいますが、調整したい方は簡単にできます。

ただし、開けてしまうと冷蔵する必要があり、45日以内に飲み切らないといけないので、Lypricelみたいに調子が悪い時だけ飲む使い方ができないのは人によって不便かもしれません。

味が付いていて、そのまま飲んでも特に苦になりません。味は「オーガニックフルーツ」と書かれていますが、飲むヨーグルトにオレンジの風味を足した感じです。

まずくないのはとても良いことで、飲むモチベーションも上がります。

Lypricelは水で飲まないといけないので、コップを使って洗うことを考えると、こちらの方が個人的に楽です。Lypricelの油がたまにコップについて洗いづらいこともありますし。

効果については色々と実感できたので、簡単に次のリストでまとめています。飲み始めてから他のサプリは飲んでいませんし、特に生活で何かを変えていないので、効果はすべてこのビタミンCによるものだという風に考えています。

  • 睡眠の改善:寝つきがいつもより良くて、睡眠も深いです。いつもより少ない睡眠時間でも一日を快適に過ごせます。
  • 消化の改善:飲み始めてすぐのころはトイレの回数が増えて、悪いものがたくさん出たという風に感じます。
  • 食欲が出た:痩せ気味で普段はあまり食欲がないですが、消化が改善したことで食欲が戻りもう少し健康的な量を食べられるようになった。
  • 肌の調子が良い:肌はいつも乾燥気味ですが、最近は気にすることがほとんどありません。
  • 体がポカポカ:体は冷え気味ですが、飲み始めてから体が心地良い暖かさになっていて、手と足も暖かいです。

飲み始めてから一週間しかたっていないですが、もう満足できるほどの効果を実感しています。飲み続けてまた他に実感できる効果があったらこの記事を更新するか新しい記事を書こうと思います。

もちろん、どういう効果が出るかは個人差があり、効果が出るか出ないかも人によるところがあります。

LypricelのビタミンCを飲んでいた時は同じような効果がありましたが、こちらの方が効果が早く強く現れました。

一番の理由としては単純に3倍(3グラム)のビタミンCを取っているからだと思います。同じくらいの量であればLypricelも同じかそれ以上の効果が出るのではないかと思います。

ただし、コスパと使い買ってを考えると、個人的にこちらのビタミンCの方が自分に合っていると思います。

もちろん、サプリは相性があるので、Lypricelの方が合う人もいるし、Auroraが合わないという人もいると思うので、先に試すことをおすすめします。

今回私が買ったのは大きいサイズのものですが、1日1グラムで1か月持つ小さいサイズもあります。試すのにぴったりなサイズで、Lypricelと同じ量なのに1200円も安いです。

この商品にとても満足できたので、これからも使い続けたいと思います。

関連記事

効能が多くて万能なオレガノオイル!サプリに迷っている方におすすめしたい商品!

こんにちは、ゴジッポです!

今日紹介する商品はNorth American Herb & Spice Coのオレガノオイルです!

オレガノオイルとは

オレガノオイルは料理で使うハーブのオレガノとは違い、医薬グレードだけのものを使いエッセンシャルオイルを抽出するために蒸留しています。

1リトルのオレガノオイルを作るために1000キロのオレガノのハーブが必要で、とても貴重なオイルです。

オレガノオイルは局所的にも使えますし、内用もできます。

オレガノオイルには主にカルバクロールとチモールという抗菌性で抗真菌性の成分があり、他にフェノール、トリテルペン、ロスマリン酸、ウルソル酸やオレアノール酸といった抗酸化作用のある成分も入っています。

カルバクロールについて

オレガノオイルに入っている成分で最も効果的だとされているのはカルバクロールです。

アレルギーから皮膚病まで、様々な症状に幅広く効果があることで、現在NCBI(全米バイオテクノロジー情報センター)が管理しているPubMedという科学的根拠に基づいた研究をまとめているデータベースで数多くの研究が掲載されています。

研究で証明された効果があった症状の中で、下記のものを挙げられます:

  • 細菌感染
  • 真菌感染症
  • 寄生虫
  • ウイルス性疾患
  • 炎症
  • アレルギー
  • 腫瘍
  • 消化不良
  • カンジダ菌
  • など

オレガノオイルの効能

オレガノオイルの一番注目されているところは、普段抗生物質で治療するような細菌の多くに効果的なところです。

抗生物質は悪玉菌だけでなく、善玉菌まで殺してしまうので、悪玉菌だけを狙うオレガノオイルが優秀だとされています。

大腸菌やリステリア菌など、複数の細菌に効果があったという研究がいくつかあります。(1,2

また、細菌による耳痛や歯痛に効果があり、急性中耳炎にも効果があったという研究があります。

それ以外の効能が多く、薬の副作用を軽減し、水虫、腸内細菌異常増殖症候群や胸焼けなどの消化のトラブル、炎症状態などにも効果があるとされています。

オレガノオイルの使い方

上記でも書いた通り、オレガノオイルは飲んで使えますし、肌にも塗れます。

ただし、効き目がかなり強く、そのまま使わない方が良いです。

飲む場合は少量(今日紹介している商品なら2滴)のオレガノオイルを水と混ぜた方が良いです。

肌にも直接使わず、少量のオレガノオイルを多めのキャラオイル(ココナッツオイル、ホホバオイルなど)と混ぜてから塗った方が良いです。

オレガノオイルの注意点

オレガノオイルはエッセンシャルオイルなので、アレルギー反応を起こす可能性があります。

先に少しだけキャラオイルと混ぜて肌に付けてみて、アレルギー反応が出ないか確認してから使った方が良いと思います。

また、効能が強いので、好転反応が出る可能性もあります。

妊婦さんは基本的に使わない方が良く、薬を服用している方は問題がないかを医者などに相談してから使った方が良いと思います。

今回買ったオレガノオイル

iHerbでオレガノオイルを売っているブランドがいくつかありますが、その多くはNorth American Herb & Spice Co.というブランドが売っています。

そのブランドはオレガノオイルを液体やカプセルで売っていますし、オレガノオイルが入っている点鼻スプレー万能スプレーなども売っています。

今回紹介しているのは普通のオレガノオイルですが、強力なバージョンもあります。

強力なものは更に効能が強いので、最初は普通のものを買った方が良いと思います。

個人的に、オレガノオイルはコロストラムブラックシードオイルと同様、様々な効能があって効果も実感できた数少ないサプリメントです。

匂いと味は強めですが、効果がそれ以上に抜群で、常備したいと思いました。

ブラックシードオイルと同じく、来年の殿堂入り商品になると思います。

関連記事

味が強烈だが、効果てきめんなAmazing Herbsのブラックシードオイル

こんにちは、ゴジッポです!

今日紹介する商品はAmazing Herbsのブラックシードオイルです。

去年、デトックスを始めた頃に購入しました。

ブラックシードオイルの他にブラッククミンシードオイルやブラックキャラウェイシードオイルなどと呼ばれることがありますが、料理でよく使われるクミンやキャラウェイではありません。

名称が多くて、混乱する人が多いですが、Nigella Sativa(ニオイクロタネソウ)の種子で作ったオイルが一番健康に効果があるオイルで、今日紹介するオイルです。

昔からアラブ諸国で使われ続けていると言われており、クレオパトラやヒポクラテスが美容や健康のために使っていたとも言われています。

アラブ諸国では「恵みの種」と言われ、「死以外の病気をなんでも直す万能薬」とも言われています。

現在、ブラックシードオイルの効果についての研究が1000種類以上あり、海外で注目を浴びていることが分かります。

ブラックシードオイルに入っている最も効果があると言われているフィトケミカルはチモキノンとチモヒドロキノンですが、他にえいようとして15種類のアミノ酸、リノレン酸などの必須不飽和脂肪酸、カルシウム、鉄やセレニウムなどのミネラル、ビタミンA、B、B2、Cやナイアシンも入っており、栄養の多さからスーパーフードと分類する人も多いです。

効果だけをリストアップすると、下記のようなリストになります:

全部を紹介しようとするときりがないほど効果がありますが、主な効果は上記のものです。

肌や髪の毛に使っても効果がありますし、栄養の為で飲んでもいいと思います。

自分が一番注目しているのは抗菌、抗ウイルスと抗真菌効果です。

カンジダ菌やピロリ菌というなかなか完治しない病気や薬剤で死滅しないスーパー耐性菌などにも効果があるとされています。

50歳以上の日本人の50%以上はピロリ菌に感染していると言われており、胃がんの99%はピロリ菌感染がベースにあるとも言われています。

ピロリ菌に対して、ブラックシードオイルは一般的な3剤併用と同等の効果があるとこちらの研究で証明されました。

iHerbでは一番人気のあるブラックシードオイルはAmazing Herbsのものです。元々他のオイルをブレンドせず、ブラックシードオイルのみを使った商品はAmazing Herbsのものしかなかったので、一時期は長い間全く買えませんでした。

今ではZenwise HealthHeritage Storeのものもありますが、レビューがまだ少なく、今のところはAmazing Herbsのものをおすすめします。

Amazing Herbsのブラックシードオイルはオーガニックで冷却圧縮の質の高いものです。

飲み方ですが、最初は一日小さじ1/2飲み、少しずつ増やして一日小さじ1-2にします。

そのまま飲んでも、飲み物に入れて飲むのも大丈夫です。

味がかなり強烈で、スパイシーさがありながら、苦さもあり、ミントのようなスッとした感じもあります。

私は気にせずそのままスプーンで飲んでいますが、きつい方は水などに入れて混ぜてから飲んだ方が良いと思います。

また、ハチミツと合わせて飲むと相乗効果をもたらすようです。(マヌカハニーもピロリ菌に効果的だと言われているので、合わせて摂るといいかもしれません)

効果はどんな症状があるかによって変わると思いますが、私の場合は飲むと、次の日かなり快便になります。

体が要らないものを出しているような気がします。デトックスしている方にも良いかもしれません。

広い幅で効果的なブラックシードオイルなので、来年の殿堂入り商品に入る可能性が高いです。

関連記事

American Healthの噛めるビフィズス菌!イチゴ味で美味しい♪

こんにちは、ゴジッポです!

今日紹介する商品はAmerican Healthのプロバイオティクスです!

去年買ってやっと紹介していますが、まずなぜこのプロバイオティクスにしたかを説明したいと思います。

(いまでもそうですが)当時はデトックスに夢中で水で飲み込むカプセルタイプのサプリが多かったので、簡単に摂れるプロバイオティクスを探していました。

たどり着いたのはこちらの商品です。

大人用で噛めるタイプのプロバイオティクスで一番レビューが多く評価も高かったので、こちらにしました。

買ったのは一番人気のあったイチゴ味ですが、同じシリーズで他にバナナ味ブルーベリー味フルーツミックス味もあります。

味だけが違っていて、あとは中身も量も同じなので、好きな味を選べるのは嬉しいです。

入っているプロバイオティクスの種類は2種類だけで、ラクトバチルス・アシドフィルス(Lactobacillus Acidophilus)とビフィドバクテリウム・ビフィダム(Bifidobacterium Bifidum)です。

一日に3個を噛むと説明文に書いてありますが、その場合は一か月以上持ちます。

私の場合は忘れたりしてかなり長く持ちました(笑)

ボトルを開けたら、冷蔵庫に入れてくださいという記載もあったので、その後は冷蔵庫で保管しました。

イチゴ味を買いましたが、味はヨーグルトとイチゴを混ぜた軽い感じのものでした。

キャンディのようにそのまま美味しく食べていたので、子供でも問題なく食べるかと思います。

効果の方ですが、飲んでいた時は色々と腸内を回復するためのサプリを飲んでいたので、これの効果だとは断定できませんが、その時期はお通じがかなり良かったです!

プロバイオティクスは人によって、飲む時期によって効いたり効かなかったりするので、これがいい!という風には言えませんが、噛めるタイプをお探しの方なら十分試す価値があると思います!

関連記事

Back To Top
×Close search
Search