【まとめ】低炭水化物ダイエット・パレオダイエットのためのアイハーブ商品!

こんにちは、ゴジッポです!

最近、ローカーボダイエットなどに対する関心が広まり、iHerbでも買える商品がかなり増えたので、そのダイエットのための商品をまとめて紹介したいと思います!

低炭水化物ダイエット・ローカーボダイエット・パレオダイエットとは

呼び方は国や紹介している本などによって違いますが、最近の健康的とされている食生活・ダイエットだと次の特徴があります:

  • 炭水化物(特に砂糖とグルテン)の量を減らす
  • 体に良いとされている脂肪分(ココナッツオイルやギー)の量を増やす
  • 野菜は好きなだけ食べて良い

最近流行りのバターコーヒー(完全無欠コーヒー)もその延長線で質の良い油を取る方法として注目を浴び、実践している人も多いです。

日本ではバターコーヒーやライザップの影響でローカーボダイエットの知名度が上がり、外国でもかなり広まっています。

パレオダイエットについてはシリーズとして当ブログで紹介しているので、興味のある方はこちらの記事から読んでいただければと思います。

効果としては一番注目されているのは脂肪を落とす効果ですが、他に色々な効果(消化の改善、睡眠の質の向上、炎症の低下など)があります。

万人向けとまではいかないですが、メリットを感じることができる人は多いのではないでしょうか。

iHerbで売っている低炭水化物ダイエットで使える商品

油類

低炭水化物ダイエットでは炭水化物を少なくすることで、たんぱく質と脂質の摂取量が自然と増えるのですが、体に良い脂質を摂ることがとても大事です。

ココナッツオイル

最近ではもはや必須レベルになっているのはココナッツオイルだと思います。

ココナッツオイルの何が良いかを書くときりがないので、興味のある方は昔書いたこちらの記事を参考にしてください。

料理はもちろん、バターコーヒーやスムージーにも使えるので、幅広く使えます。

iHerbでは選択肢が非常に多いので、特におすすめのものを紹介します:

MCTオイル

中鎖脂肪酸トリグリセリドだけが入っているオイルです。そのため吸収が早く、ダイエット用に買う人も多いです。

MCTオイルも商品が多いのですが、選び方について先日の記事で細かく紹介しています。

最も質が高くおすすめのものだけ下記にまとめます:

上の3つはどれも質が同等で、コスパで考えるとZenwise Healthのものが一番良いようです。

一番下のDr. Mercolaのものは中鎖脂肪酸トリグリセリドで一番効果があるとされているカプリル酸だけが入っているため、最も効果的だと思います。その分、少し高めです。

ギー

ギーはインドの澄ましバターで、料理と健康のために使う人が最近増えました。

特に完全無欠コーヒーで使う人が多いですが、バターの代わりにもそのまま使えます。

栄養はバターより多く、特にビタミン類(A,D,E,K)、酪酸や共役リノール酸が豊富です。

他にギーの良いところや使い方について、こちらの記事で紹介しているので、興味のある方は是非読んでみてください。

昔はiHerbでギーを一時的に買えなかったのですが、最近また買えるようになりました。

売っているブランドが二つあり、どれも質の高いグラスフェッドの牛の乳でできたものです:

その他

上記で紹介したものは低炭水化物ダイエットで最も一般的に使われているものですが、他にも使える油があるので、軽くまとめました:

炭水化物代用

低炭水化物ダイエットで一番つらいのは、今までメインで食べてきた炭水化物を食べられなくなることだと思いますが、代わりになるものもあるので、お菓子やパンを自分で作れる方なら、次の商品がおすすめです。(下でパウダーミックスやもうそのまま食べられるものも紹介します。)

アーモンド・フラワー

ローカーボダイエットで製菓などで一番使われているのはアーモンド・フラワー(アーモンドパウダーやアーモンドプードルとも言います)です。

グルテンフリーなので、アレルギーの方で使っている方も多いです。マルチパンやシュトレンでも使われます。

低炭水化物のパンケーキ、パン、マフィンなどのレシピがインターネットにたくさんありますが、多くはアーモンド・フラワーを使っています。

iHerbではFun Fresh FoodsのものBob’s Red Millのものが一番人気あります。

ココナッツ・フラワー

アーモンドフラワーの次に良く使われているのはココナッツ・フラワーだと思います。

オーガニックのものでもかなり安く、良いものの選択肢が多いです。

グルテンが入っていないので、普通の小麦粉を使うときより卵や水分を多く使う必要があります。

おすすめはCoconut Secretの生のものNutivaのもの(非精製)Edward & Sonsのもの(コスパが最も良い)です。

アロールート・スターチとタピオカ・スターチ

スープなどにとろみをつけるために使われるものですが、製菓で使う人もいるので、軽く紹介します。

アロールート・スターチ(クズウコンのでんぷん)はパレオの世界で製菓やとろみをつけるために使われることが多いです。和菓子などにも使えるようです。おすすめはBob’s Red Millのものです。

タピオカ・スターチもアロールートと同じ使い方で、コーンスターチの代わりになります。ポンデケージョなどグルテンフリーのお菓子でよく使われます。おすすめはEdward & Sonsのものです。

パウダーミックス

上記のパウダー系のものと他の材料を混ぜてパンケーキ用のバターなどを作ることもできますが、低炭水化物ダイエット用のパウダーミックスが色々あるので、自分で作るのが面倒な方や時間がない方にはおすすめです。

The Julian Bakeryはピザ生地用パンケーキ・ワッフル用パン用のパウダーミックスを売っています。

Simple Millsのグルテンフリーのパウダーミックスも低炭水化物ダイエット用のものが多く、割と安いです。

もうできているもの

低炭水化物ダイエットをすると、自分で料理することが多くなるので、もうできている商品を買うと便利です。

(最近はコンビニなどでライザップの食品とかもありますが、あまり体に良くない材料も入っていたりします。)

最近、iHerbでパレオダイエット用のブランドが増えたので、そういった商品の種類も増え、便利になりました。

The Julian Bakeryは低炭水化物のクラッカーラップやプロテインバー(こちらなど)を売っています。

Primal Kitchenは栄養バー(こちらなど)やコラーゲン入りのドリンクミックスを売っています。

Caveman Foodsは様々な栄養バーを売っています。(上記の二つのブランドより安いです)

NUCOは上でも紹介したマヨネーズとパンの代わりに使えるココナッツのラップ(こちらなど)を売っています。

他に材料は少し怪しめですが、AtkinsUniversal Nutritionの栄養バーは一応低糖質です。

その他

低炭水化物ダイエット専用ではないですが、他に低炭水化物ダイエットで使えるものもたくさんiHerbで売っています。

一つずつカテゴリーに分類するときりがないので、下記に順不同で紹介します:

他にも色々ありますが、特におすすめのものを紹介しました^^

輸入規制の影響で買えないもの(ボーンブロス、牛肉や七面鳥のジャーキー、バイソンなどの獣脂など)があるのは残念ですが、色々安く買えるのは嬉しいです!

関連記事

アサイベリーよりも抗酸化効果の高いマキベリー!南米のスーパーフード

こんにちは、ゴジッポです!

今日紹介する商品はWilderness Poetsのマキベリー・パウダーです。

Wilderness Poetsはナッツミックスなどで大好きなブランドなので、スーパーフードも安心して買いました。

マキベリーの栄養

抗酸化物質

マキベリーは最近スーパーフードとして注目を浴びている南米のベリー系の果物です。

栄養が非常に多く、有名なアサイベリーより優れていると言う方もいる程です。

抗酸化物質は現在発見されている果物の中で、抗酸化効果を測るためのORAC値が最も高く、アサイベリーの倍近くあります。

抗酸化物質として、ポリフェノール、レスベラトロールやアントシアニンが入っています。

ポリフェノールは赤ワインの10倍以上あり、アントシアニンは赤ワインの100倍以上あると言われています。

その他の栄養

マキベリーの栄養は特に抗酸化物質が注目されていますが、それ以外の栄養素も豊富です。

ビタミン類では、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1とビタミンB3が豊富です。

ミネラルでは、マグネシウム、カルシウムやカリウムが豊富です。

マキベリーの効能

抗酸化物質が豊富なため、マキベリーには色々な効能があります。

簡単にリストアップすると、以下の通りになります:

  • アンチエイジング効果
  • 抗糖尿病作用
  • 代謝を上げる効果
  • 抗炎症作用
  • 抗菌効果
  • 抗ウイルス作用
  • 消化を改善
  • 血糖値レベルのバランスを整える
  • など

マキベリーの飲み方

買えるマキベリーの商品のほとんどはパウダー状なので、飲み物に混ぜて飲むのが一番かと思います。

ベリーの味なので、スムージーなどに入れると特に良いと思います。

私の場合、青汁などと混ぜて飲んでいます。少し入れるだけでだいぶ飲みやすくなります。

他にはヨーグルトやドレッシング、菓子作りなのにも使えます。

関連記事

完全無欠コーヒーやダイエットで話題のMCTオイル!最高のものを選ぶために知りたいこと

こんにちは、ゴジッポです!

今日はMCTオイルについて書きたいと思います♪

日本でも最近「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本が話題になり、多くの方がビレットプルーフコーヒー/完全無欠コーヒーについて知るようになりました。

完全無欠コーヒーとは、質の高いコーヒーにグラスフェッドのバターまたはギー(iHerbではこちらのギーがおすすめ)とMCTオイルを混ぜて、朝食はそれだけにするというものです。

しかし、MCTオイルは種類が多く、細かく見ないと最適のものを買えるのは難しいです。

MCTとは

MCTは英語でmedium-chain triglycerideの略で、日本語にすると中鎖脂肪酸トリグリセリドです。

MCTは一般的な長鎖トリグリセリドより吸収が早く、体がそれをより簡単にエネルギー源に出来ます。

MCTが多く入っていることで一番有名なのはココナッツオイルです。他にはレッドパームオイルなどもあります。

吸収が早く、エネルギー源になることで油なのに太らない、痩せると言われています。

しかし、これから説明するように、MCTは何種類かがあり、全てが同レベルではありません。

様々なMCT

上で紹介した「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本の著者であるデイヴ・アスプリーの新刊書「Head Strong: The Bulletproof Plan to Activate Untapped Brain Energy to Work Smarter and Think Faster-in Just Two Weeks」が今年の4月に発売され、完全無欠コーヒーなど、脳を良くするためのことについて様々なことを紹介しています。

また、MCTオイルについても細かく説明し、市販のMCTオイルのほとんどが最適ではないことについて言及し、どのMCTオイルが良いかについて説明しています。

MCT(中鎖脂肪酸トリグリセリド)は何種類かがありますが、体がすべてのMCTを同じレベルで上手く使っていませんし、むしろ体が悪い反応を起こすMCTもあります。

ココナッツオイルで最も多いラウリン酸はMCTとして分類されていますが、体はそれを長鎖トリグリセリドの様に扱い、ケトン体の形成につながらないそうです。そして、MCTの中で最も安く、それを使うMCTオイルも多いようです。

カプロン酸はココナッツオイルに少し入っているMCTです。味が悪く、喉のしゃく熱感や下痢を引き起こす成分で、MCTオイルを作る際、正しく蒸留されていないと残ってしまい、下痢や喉のしゃく熱感になったりします。

残りの2種類、カプリル酸とカプリン酸(名前が非常に似ていてややこしいですね(笑))がMCTで最も良いとされています。

その2種類はほぼ同じ働きがあります。抗菌作用があり、脳や体に必要なケトン体の形成に最も有効なMCTです。

カプリル酸はココナッツオイルの4%くらいだけを占めており、カプリン酸は9%くらいを占めています。

特にカプリル酸が効果が強く、含有率が低くレアで、MCTオイルに多く入っていればいるほど良いとされています。

どのMCTオイルを避けるべきか

上記で説明したように、どのMCTが入っているかによってMCTオイルの価値が変わります。

まず避けたいのは、どのMCTが入っているかを明記していないものです。「MCTオイル」や「medium-chain triglyceride」とだけ書いてあるものは何がどれほど入っているかが分からないので、不要なMCTが入っている可能性が高く、避けた方が良いと思います。

次、実は体の中で長鎖トリグリセリドと変わらない働きをしているラウリン酸が入っているものも避けたいです。一番有効なMCTだけが入っているものとそれ程値段も変わらないですし、ラウリン酸も摂りたいのであれば、普通のココナッツオイルを買った方が安く良いです。

そして、体に良くないカプロン酸が入っているものも避けた方が良いと思います。

また、MCTオイルがどの原料で作られているかにもこだわった方が良いです。ココナッツオイルだけで作ったものがおすすめです。

パームオイルも体に良いオイルとされていますが、パームオイルの使用が熱帯雨林の破壊につながっていると言われていっるので、使わないようにしています。

どのMCTオイルを買うべきか

上記のことに気を使ったら、どのMCTオイルを買うべきかの答えが自然と出ます。

カプリル酸とカプリン酸だけでできているもので、ココナッツオイルが原料のものが良いです。

iHerbで買うなら、Jarrow FormulasZenwise HealthLife EnhancementのMCTオイルがその条件に当てはまります。

コスパ的にZenwise Healthのものが一番安くおすすめですが、上の種類であれば、どれも良いと思います。

国内なら、こちらのMCTオイルはiHerbのものと比べて高いですが、一応あります。

また、新発売になったDr. Mercolaのカプリル酸だけが入っているMCTオイルは少し高いですが、最もレアで効果的なカプリル酸だけでできているので、最高級のMCTオイルだと言っても過言ではありません。

カプリル酸はMCTオイルの中で最も消化に優しく、最も抗菌作用が強いだけでなく、炭水化物を食べても脳と体に良いケトン体が形成されると言われています。

MCTオイルの取り方

体に良いとされているMCTオイルですが、どのように摂れば良いか分からない方が多いのではないでしょうか。

最も簡単なのは苦みのある飲み物に混ぜることです。完全無欠コーヒーは一番有名ですが、ホットココア、チャイ、ルイボスティーなどに混ぜて飲む人が多いです。

特に味が強くないので、スムージーに入れても良いですし、そのまま大匙1を飲んでも良いと思います。

カプロン酸が入っていなくても、油なので、摂りすぎるとお腹を壊したりします。

個人差と慣れもあり、最初は小さじ1から飲んでみて、少しずつ増やすと良いようです。

関連記事

消化の改善とデトックスできるAmazing Grassの青汁★小分けパックでどこでも使えて便利(*^^*)

こんにちは、ゴジッポです!

今日紹介する商品はAmazing Grassのデトックス&ダイジェスト(デトックスと消化)という新商品です!

皆さまもご存じだと思いますが、私は昔からAmazing Grassの青汁が大好きで、何種類も当ブログで紹介していますし、殿堂入り商品として選んでいます。

青汁なのに、味が気にならず、スムージーなどで簡単に使えて、お腹がすっきりする効果も抜群です。

青汁はまずいというイメージが強かったので、こんなに美味しくいただけるのはかなりの衝撃でした。

そして、最近新商品が色々発売され、今日紹介する消化とデトックス専用の青汁を紹介したいと思います!

今回買ったのは小分けパックのものですが、パウダータイプもあります。

小分けパックだと、持ち運べるので、水さえあればどこでも飲めますし、パウダーをこぼしたりする心配もないので、使いやすくて安心です。

そして、今回この商品を買ったのはデトックス企画と関係がなく、ただAmazing Grassの新商品だということで買いたいと思いました。

もちろん、青汁なので、デトックス効果もあり、消化に良いですが、本格的なデトックスとは少し違うかなと思います。

今回の青汁は3種類の材料が入っています。

まずは、いつも通りの緑系の野菜が何種類も入っています:小麦グラス、大麦グラス、アルファルファ、ホウレンソウ、ブロッコリー

栄養が豊富なスピルリナとクロレラという海藻も入っています。

次の種類は解毒ブレンドと言い、デトックス効果のある材料です。

その一覧表はこちらです:アップルペクチン、レモンピール、キャロット、ココナッツウォーター、タンポポ、ビートルート、ジンジャールーツ、グアジ、オーガニックアサイ、フェンネルシード、パセリリーフ、ターメリック、ニンニクエキス

どちらもナチュラルでマイルドなものばかりです。好転反応を起こすほどのものがないので、いつでも気軽に飲めると思います。

最後の種類は消化用のものです。

材料はこちらです:アップルペクチン、レモンピール、キャロット、ココナッツウォーター、タンポポ、ビートルート、ジンジャールーツ、グアジ、アサイ、フェンネルシード、パセリリーフ、ターメリック、ニンニクエキス

こちらも効果が優しく、お腹の調子をマイルドに整えてくれます。

材料のほとんどがオーガニックなので、貴重な野菜の栄養も多く摂れます。

味は今までのAmazing Grassの青汁とあまり変わらず、飲んだことがある方なら問題なく飲めるかと思います。

効果の方ですが、体がやっぱり軽くなります。

今もデトックスを続けていますが、仕事が忙しかったりすると、ちゃんとした食事がとれないこともあるので、そういう時にこの青汁があると本当に助かります。

野菜などの栄養を摂れて、食べている体に悪いものの影響を軽減できるので、かなり重宝しています。

そして、通じもよくなるのは今までのAmazing Grassと同じです。

とても満足の出来る商品です。小分けパックは便利ですが、もう少しコスパが良いパウダータイプも今度試したいと思います。

関連記事

Now Foodsのブラック・キヌアがめちゃくちゃ体に良い!

こんにちは、ゴジッポです!

今日紹介する商品はNow Foodsのブラック・キヌアです!

マルチカラーなキヌア

キヌアは宇宙食としても選ばれているほど栄養が豊富で、最近はスーパーフードとしての知名度がかなり上がっているように感じます。

少量ながら、最近はスーパーや輸入ショップで普通に売っていますし、キヌア入りの加工食品(クッキーやクラッカーなど)も良く見かけます。

しかし、キヌアには色々な種類があることはあまり知られていなくて、キヌアと言えば白いと思う方も多いでしょう。

でも、実は色がついているワイルドなキヌアがあり、それは赤色のキヌアと黒のキヌアです。

なので、3色のキヌアが混ざっているパックなどは海外でよく売られています。

キヌアの栄養

キヌアの一番の魅力は何と言っても栄養です。

以前テレビで紹介されたグラフですが、白米と比較すると、どれほどキヌアは栄養が豊富かが一目でわかります。

普通の白米と比べて、たんぱく質が多く、炭水化物が少ないです。

たんぱく質も植物では珍しく必須アミノ酸の9種類がすべてそろっているので、ベジタリアンの方が愛用しているのもうなずけます。

不溶性食物繊維も豊富なので、キヌアを食べるとお通じもかなり良くなります。

米より脂質は多いですが、その脂質の25%がフラックスシードやチアシードにもあるオメガ3のALA(αリノレン酸)。ALAは心臓に良く、コレストロールと血糖値を下げる働きがあります。

ケンペロールとケルセチンという抗酸化物質が豊富なのも、キヌアの魅力の一つです。

また、鉄やマグネシウムやリボフラビンや葉酸と言ったビタミン類も豊富です。

キヌアがもう少し安ければ主食にしたいくらい栄養が豊富です。

ブラックキヌアと他のキヌアの違い

国内ではブラックキヌアを売っているところは(ネット以外では)いまだに見たことがないので、斬新に感じて買ってみました。

しかし、普通のキヌアと違いがあるのかというのは最初に気になるところです。

実際は色以外はそれほど違いがありません。

栄養的にはブラックキヌアの方が少し食物繊維が多いくらいです。

味の方はもう少し違いがあり、普通のキヌアより少しくせがあります。

しかし、普通のキヌア同様、元の味がプレーンなので、料理では幅広く使えます。

普通のキヌアより歯ごたえが良いので、サラダに良く合います。

また、色合い的にブラックキヌアの方が料理や料理の盛り方によっては合うかもしれません。

キヌアの作り方や使い方

キヌアを炊くのがとても簡単です。

面倒くさいときは米と同じ分量と設定で炊飯器で炊いています。

鍋で作った方が15分でできるので、そちらの方が早いですが、完全にケースバイケースで良いと思います。

キヌアをあまりうまく消化できない人もいるようですが、それは栄養素の吸収を邪魔するフィチン酸があるためです。

先にキヌアを水に浸すと(キヌア1:水2の割合で)、フィチン酸の両が減り、消化されやすくなります。

キヌアはごはんの代わりに主食として普通に食べることもできますし、色々な料理に使えます。

食感が良いためサラダには特に向いていて、どの野菜と合わせても合います。

もう少し深みが欲しい場合は出汁で作ったり、スパイスと合わせると良いです。

甘い系の料理とも相性が良くて、朝食はオートミールみたいにホットシリアルとして作れますし、フードプロセッサーで粉にしたら、そのまま小麦粉の代わりに使えてパンケーキなどにもできます。

何とでも合うのはキヌアの良いところです。

キヌアの輸入について

普通なあら、iHerbからはキヌアやその他の穀物を輸入できないのですが、今日紹介している種類といくつか他の種類は買えるようです。

これからずっと買えるとは限らないので、もし興味があったら、早めに買ったことをおすすめします。

関連記事

Search