【本格デトックス-その5】腸内を回復するためのサプリ

こんにちは、ゴジッポです。

間が空いてしまったのですが、デトックス企画を続けたいと思います。

腸内を回復する必要性

今回も腸内環境を整えるためにできることを紹介します。

デトックスが必要な人ほど、腸内の回復が必要不可欠です。病気になった時に抗生剤をとった人なら尚更必要です。

有害物質を外に出すのは腸内を整えてからではないととてもきつくなるだけではなく、毒素が体に逆戻りする恐れがあります。

なので、食事を改善して、必要なサプリを飲んでしばらく回復に専念してから本格的にデトックスした方がスムーズで安全です。

体の毒性状態によってこのステップは長くなったりするかもしれませんが、1か月くらい続ければ大丈夫だと思います。

ひどい状態の人なら1か月半、2か月かけた方が良いかもしれません。

デトックスはレースではなく、マラソンだと思った方が良いと思います。

サプリの紹介

食事だけでもかなり回復できると思いますが、サプリと合わせた方が回復が早いです。

今日はいくつか回復に向いているサプリを紹介したいと思います。

デトックスの下準備ではありますが、下で紹介するサプリのほとんどは一般的なお腹の不調、IBSやリーキーガットにもとても効果的なので、デトックスしようと思わなくても十分価値があるサプリばかりだと思います。

プロバイオティクスと消化酵素は合うものは人によって違うので、紹介しませんが、自分に合うものがあったら、合わせて使った方が良いです。

そして、下で紹介するサプリは腸内を回復する仕方が違うので、合わせて飲んだ方が効果的ですが、一つからでも効果が出ると思いますので、無理せずに自分のペースで試すのが良いと思います。

コロストラム(初乳)

こちらの記事でも紹介しましたが、コロストラムを使い出してから調子が色々と良くなって、効果を実感しています。

子牛が飲むための初乳なので、消化と吸収に負担がほとんどかからず、そして腸内を回復しながら免疫を強化する効果もあるので、誰が飲んでも効果があると思います。(健康のために猫や犬に与える人も多いです)

そして筋力アップ効果があり、研究によるとホエイプロテインより効果があるようです(そしてホエイプロテインと合わせて飲む時は一番効果があります)。いきなりゴリラみたいにムキムキにならないので、女性の方も安心して飲めます。

飲んでいる時と飲んでいない時の差が激しくて、これからは(デトックスが終わっても)ずっと飲み続けたいと思います。

飲んでいるのは海外から取り寄せたこちらですが、iHerbならこちらでも効果があると思います。

カプセルよりパウダー状の方がお得でプロテインシェイクやスムージーに入れるため個人的に使いやすいです。カプセルならこちらが一番人気があります。

一日少なくとも大匙2くらい飲んでいるので、パウダータイプの方が私の場合経済的です。

L-グルタミン

次紹介するサプリは必須アミノ酸であるL-グルタミンです。

運動用のサプリだと思われがちですが、腸内環境を整える効果もあり、デトックスするときにあると良いです。

抗炎症作用があり、腸の内膜を回復する効果もあります。

リーキーガット症やIBS(過敏性腸症候群)にも効果がありますし、お腹のトラブル(下痢、便秘など)にも効果的だと言われています。

そして、比較的に安く買えるのも嬉しいです。

自分が使っているのはNow Foodsの1グラム入りのカプセルですが、120個で11ドルなのでとても安いです。

それよりお得に買おうと思えば、Jarrow Formulasの1キロのパウダータイプが一番コスパが良いです。

注意点としてはグルタミンを飲むと体調が急激に悪くなる方もいるようなので、少量で買って、飲んでみて、大丈夫だったら大きいサイズを買うことをおすすめします。

アカニレ茶(Slippery elm bark – スリッパリー・エルムバーク)

アカニレという木の樹皮もとてもお腹に良いです。

リーキーガット症をはじめとするあらゆるお腹のトラブルに効くとして、ケイシー療法にも使われています。

腸の粘膜や十二指腸を再建する効果があるので、腸と免疫の強化にかなり良いサプリです。

作り方は色々あるようで、自分の使っているもののパッケージでは小さじ8分の1を冷水で飲むという指示ですが、他のサイトを見ると小さじ1-2を冷水+お湯で混ぜて飲む人もいます。

アカニレの樹皮は他のサプリやハーブの吸収を邪魔するようなので、飲む場合は他のサプリと別の時間が良いです。できれば、2時間離れて飲んだ方が良いです。

自分が使っているのはHeritage Productsのものです。お得に買いたい場合はStarwest Botanicals(オーガニック)やFrontier Naturals(オーガニックではないが安い)の業務サイズ(453グラム)が一番コスパが良いです。

カプセルならナウフーズが一番人気です。

アカシアの食物繊維

アカシアの食物繊維は腸内の善玉菌の活動と増殖を促進する食品成分であるプレバイオティクスの中で効果的なものの一つです。

過敏性腸症候群にとても効果的で、便秘にも下痢にも効果があります。

味が特にしないので、とても飲みやすいです。

注意点としては、このサプリを飲む時は水分をたくさん取るようにしないと、お腹が張って逆に便秘気味になります。

iHerbで一番人気なアカシアファイバーはHeather’s Tummy Careのパウダー状のものです。持ち歩けるタイプもあります。

Restoreの微量ミネラルのサプリ

このサプリを紹介する前に少し科学的な説明が入ります(笑)。

毒性状態の主な原因は腸内の慢性炎症とされていますが、慢性炎症になるのは腸壁の密着結合が毒素などによってダメージを受けるからだとされています。

ダメージがあると、腸内にある毒素が血流に入り、様々な症状を引き起こします。

善玉菌の消化で出る炭素とミネラルの代謝産物が腸壁の密着結合を守り、再建する効果がありますが、腸内環境が悪いと、善玉菌が減り、密着結合にダメージが入ります。

Restoreのサプリに褐炭と微量ミネラルが入っていて、善玉菌がそれを餌にし代謝産物を出し、腸壁の密着結合を強化し回復させる効果があります。

要約すると、腸壁を再建し、強化して腸内環境が結果的に整います。

自分が参加しているネット上のコミュニティで紹介されて、Restoreのホームページから買おうと思ったら、iHerbがいきなり取り扱うようになってビックリしました!

上のサプリより高めですが、効果には期待したいです。

その他

上記で紹介しているサプリはすべてiHerbでも買えますが、他にも海外から買えるサプリがあるので、まとめて紹介したいと思います。

北米アマゾンなどで買えるサプリですが、日本に送れないものもあるので、SHOPFANSのようなサイトを使う必要があります。

上記で紹介しているサプリを含めて、他の成分を色々入れている感じのサプリですが、上記のものがあれば十分な気がします。

また、サプリではありませんが、ボーンブロス(骨スープ)も大変お腹の調子に良いです。残念ながら、日本でそのまま売っていませんし、自分で作ろうと思っても、骨を買えるところはあまりないです。レシピなどボーンブロスの何が体に良いかをこのサイトが詳しく説明しているので、興味のある方は見てみてください。

今回紹介したのは腸内を回復するためのサプリですが、次回は毒素を体の外に出すためのサプリになります。

関連記事

冷え性の方にもお勧め、死海の塩のバスソルト♪

こんにちは、ゴジッポのツレです :flower:

特に冬場はお風呂に必ずバスソルトを入れて体を温める様にしています。

今回は、超オススメ、Frontier Natural Products死海ソルトをご紹介致します♪

体を温め、新陳代謝促進、デトックス効果抜群と言われる死海風呂が、毎日お家で気軽に楽しめちゃいます :heart:

死海ソルトは、必須ミネラルを海水の何十倍も多く含有しているそうで、カルシウムは海水の77倍、カリウムは10倍、マグネシウムは60倍とのこと。

血液の循環を良くし、皮膚の新陳代謝を高めるのでアトピー性皮膚炎にも有効とのこと。

肌にミネラルが吸収されやすく、美肌効果も高く、痩身効果もあるのだとか。

色々なバスソルトを使っていますが、この純粋な死海ソルトで入浴すると、体が芯から温まり、朝の疲れの取れ方が全然違います!

入れないと、お風呂がぬるい様な(?)物足りなさを感じる位温まり方が違います。

色々バスソルトを使い比べてみて、混ぜ物をしてあるバスソルトよりも、この死海ソルトの様な純粋なものが効果的に感じます。

粒は大きいですが、サッとお湯に溶けて使いやすいです。

お好みでアロマオイルをプラスしても、毎日好きな香りで楽しめますね(^^♪

サイズも2キロ以上と、届いた時にびっくりするほど量が多いので、毎日心置きなく使えますしコスパも良いです♪

100円ショップの瓶に入れて、プレゼントにしても可愛いし喜ばれます :heart:

とても癒し力の高い、お勧めのバスソルトですので皆様も是非お試しを :wowcantik

関連記事

デトックスにも必須!Life Flo Healthのマグネシウムオイル

こんにちは、ゴジッポです!

今日紹介する商品はLife Flo Healthのマグネシウムオイルです。

これから行うデトックスに必須ですが、デトックスしない方でも体にとても良い商品です。

先月、Natural Calmの飲めるマグネシウムのサプリを紹介しました。

飲み始めた頃はまだデトックスについて深く知っていなかったのですが、マグネシウムが体に良いと知って飲んでみることにしました。

飲み始めてからすぐ効果が表れ、睡眠と便秘の改善を実感できました。

しかし、デトックスのサイトで色々と読んでいるうちに、マグネシウムがどれほど体にとって大切なミネラルで、デトックスだけでなく、健康のためにも必須だと知りました。

そして、体が重金属などで毒性状態になっていると、マグネシウムはうまく体に吸収されるだけでなく、消耗され、不足状態になってしまいます。

Natural Calmのマグネシウムを飲んで、自分がマグネシウム不足だということを実感できました。

しかし、体が毒性状態だと、マグネシウムを飲むだけで十分補給できない可能性があると知り、いつも読んでいるデトックスのサイトで紹介されたマグネシウムオイルを買うことにしました。

マグネシウムをたくさん口で飲むと、下痢などの副作用があるので、マグネシウムをたくさん摂りたい時は経皮で摂ると良いです。

経皮だと、下痢などがなく、水分をとりすぎたりしないですし、一日何回も体に塗って、肌で吸収させた方が良いです。

また、そうすると、飲むよりたくさんマグネシウムを補給できます。

Transdermal Magnesium Therapyという本を書いたMark Sircus博士によると、マグネシウムは細胞をアルミニウム、水銀、鉛、カドミウムとニッケルから守るため、ミネラルの再補給は重金属のデトックスとキレート療法に不可欠です。

マグネシウムは体の元気とデトックスに必要不可欠なグルタチオンのレベルを上げる効果があるので、グルタチオンを直接サプリで飲む以外に、マグネシウムを摂ることで増やすことができます。

iHerbでは何種類かのマグネシウムオイルがありますが、買ったのは一番人気のあるLife Flo Healthのものです。

レビューが多くて安心して買いましたし、値段も900円以下でリーズナブルです。

入っているマグネシウムは水への溶解度が高く、吸収されやすい塩化マグネシウムです。

スプレータイプでとても使いやすく、塗りたいところに4回プッシュして、マッサージします。

伸びが良く、すぐ吸収されます。少しべたつきますが、すぐ気にならなくなりました。

人によっては塗ると少しピリッとしますし、傷口に塗ると塩を塗り付けたかのように痛いので、傷があるところは避けた方が良いと思います。

アトピーがあるところも同じく染みます。

私の場合ですが、体に付けると、即効性があり、体が気持ちよくなります。少し元気になった感覚です。

デトックスで使う場合は一日2~4回たっぷり体全体にマッサージすると良いです。もちろん、少量で始めて体調と相談しながら少しずつ増やしていった方が安全です。

私はまだアマルガムを除去している途中で、食事を改善している段階なので、一日1~2回塗るようにしています。

具体的に、運動する日は運動後のシャワーの後に塗って、夜は風呂の後に塗っています。その場合は吸収が一番良い気がします(特に運動後)。

べたつきが少し気になる方は塗って、30分後に洗い流すと良いようです。

私はべたつきを気にしていませんし、すぐ体に吸収されるので、そのままにしていますが、服が特に汚れませんし、匂いもつきません、

レビューを見てみたら、色々な使い方があるようで、実践してみたいものもありました。

デオドラントとして、わきの下や足にスプレーをかけても良いみたいですし、筋肉痛があるところに塗ると、とても楽になるようです。

フケのある方が頭皮に塗ってみたところ、フケが無くなったと言ってますし、寝つけられない方がお腹に塗るとリラックスしてすぐ寝られるともありました。

(後、発毛効果があるというロシアの方のコメントもありますが、本当でしょうか^^;)

最後に、この商品にとても満足できましたし、これからも使い続けたいと思います。

デトックスでの効果を見てから、殿堂入りにする可能性が高いです!

関連記事

【本格デトックス-その4】食事の改善で腸内を整える、その2:食べるべきおすすめ食品

こんにちは、ゴジッポです。

前回は食事で避けるべき食品を紹介しましたが、今回はデトックスにも普通の生活でもおすすめの食品を紹介したいと思います。

ほとんどは愛読しているデトックスのサイトのブルーム氏がおすすめしているものです。(特にこちらの記事こちらの記事で紹介しています。)

前回の記事でも言いましたが、無理して全部を取り入れなくても大丈夫です。できるところから少しずつ変えていく感じでも大丈夫です。

そして、自分がどこまでできるかを決めておいても大丈夫です。ストレスなく続けられることが一番大事なので、楽しんでいきましょう!

複合糖質

前の記事で砂糖とグルテンの危険性について紹介しましたが、代わりに何を食べれば良いかというと、グルテンの入っていない栄養豊富のグルテンが入っていない穀物です。

血糖値が急上昇することがなく、少しずつ分解されていくので、体内の菌や寄生虫の餌にはなりません。

おすすめできるのはキヌア(特にブラック・キヌア)、色が黒いワイルドライス、そばの実とアマランサスです。

量はそれほど多くなくても大丈夫です。

質の高い脂肪

ブルーム氏が勧めているダイエットは上記のような複合糖質もありますが、主なカロリー源は脂肪です。

そう考えると、パレオダイエットや糖質制限に近いかもしれません。

薦められている油は吸収が早くて体に良い栄養がたくさんあるココナッツオイルギーレッドパームオイルと卵の黄身です。

生のバターも進められていますが、日本では残念ながら売っていません。

発酵食品

発酵食品が体に良いのは日本で良く知られていることですが、海外でも注目を浴びています。

そして、一番嬉しいことは日本で簡単にスーパーなどで質の高い発酵食品を安く買えます。

大豆由来の醤油、味噌、納豆や漬け物、塩辛などには体にとって大切な乳酸菌が豊富です。

海外のものではキムチ、テンペやザワークラウトが一番有名で、割と簡単に買えます。

買い物のとき、気を付けないといけないのは、砂糖が入っていないか、添加物が入っていないかです。

できるだけ無添加のものが良いと思います。

乳製品からできているもの(ヨーグルトなど)は避けた方が良いかもしれません。

他にお酢も体に良い食品です。(特にアップルサイダービネガー

他の和食のもの

ブルーム氏がリストアップしている食品リストには発酵食品の他にも和食で良く食べるがたくさん入っています。

和食がどれほど素晴らしいか実感できてとても嬉しいです。

リストアップされているものの中に、海藻類(昆布など)や舞茸、椎茸も入っています。

普通の和食を少しアレンジするだけでデトックスもできるダイエットが簡単にできるのが嬉しいですね。

色々なスーパーフード

ブルーム氏によると、現代の野菜は栄養が少なく、農薬が多く、あまり食べる価値がないそうです。

オーガニックでも土壌や水が汚染されていることが多く、昔の野菜とは程遠いとも言っています。

野菜の代わりに栄養が豊富なスーパーフードをいくつか紹介して、その中で初めて聞いたようなものもたくさんありました。

コロストラム(初乳)

一番強く勧めているのがコロストラム(初乳)です。

サプリとしては昔からあって、使ったこともありますが、ブルーム氏によると、それ以上の食品がないそうです。

栄養が詰まっていて、脂質・たんぱく質と炭水化物のバランスが完璧で、体に吸収されやすく消化に負担をかけないようです。

サプリで少量だけで飲んだことありますが、一食で大匙2くらい摂ると良いようです。

ある程度摂ると、筋力アップの効果もあるようです(iHerbのレビューでもそういうコメントを見たことがあります)。筋トレ中で増量中なので、それについて興味を持ちました。

他に消化器官の健康や免疫システムのサポートなどにも効果があるそうです。

iHerbでも売っていますが、ブルーム氏が勧めているのはこちらのコロストラムです。

試しに買ってみましたが、後数日で届くようです。届いたら軽く紹介したいと思います。

シラジット

アーユルヴェーダで使われる天然物質でヒマラヤ山脈で採取されます。

栄養が豊富で、特にフルボ酸が強い抗酸化作用がありアルツハイマー病などに効果があるとして研究が進んでいます。

シラジットの効能について、こちらのサイトがまとめています(英語)。

また、強壮効果があると言われています。

iHerbではDragon HerbsSunfoodのものがありますが、ブルーム氏が勧めているのはこちらのブランドのものです。

海藻類

和食では海藻類として、わかめ、昆布、めかぶ、もずくなどを良く食べますが、和食以外の海藻類も大変体に良いです。

一番有名なものとして、スピルリナクロレラをあげられます。たんぱく質が多く、運動後のプロテインとしてスピルリナとクロレラが両方入っているこちらを飲んでいます。

他に藍藻も体にとても良いとして強く勧めています。iHerbでも売っているので、いつか試したいと思います。

その他

上記のスーパーフードはブルーム氏が一番おすすめしています。

それ以外にもたくさんがあるようですが、食事法の記事がまだ未完成で、リストとしてだけ載っています。

サイトはしばらく更新がないのですが、いつか完成すると良いですね。

他にはノニロイヤルゼリー、カカオ(ニブなど)、マカブラジルナッツ(昨日の記事を参照)、マキベリーアロエベラ明日葉なども載っています。

私の場合

以上、ブルーム氏の勧めている食品を紹介しました。

身近なものから、初めて聞いたようなものもたくさんありましたが、無理せずに少しずつ取り入れようと思います。

しかし、今年の目標として、デトックス以外にも増量という目的もあるので、完全に食事を変えないと思います。

たんぱく質はたくさん摂る必要がありますし、炭水化物をキヌアなどだけにすると大変高くなるので、白いご飯はしばらく食べ続けます。

できるだけ無添加のもので質の高いものは食べていくと思いますが、無理はしません。

目標の体重になったら、少しずつ食べる量を減らして、また食事を改善していこうと思います。

関連記事

【本格デトックス-その3】食事の改善で腸内を整える、その1:避けるべき食品

こんにちは、ゴジッポです!

今日もデトックス企画について紹介したいと思います。

今回は「腸内を整える」シリーズの第2弾です。

腸内を整えるのにも、デトックスをするのにも食事を改善する必要があります。

そのため、様々な食品を減らしたり止めたりする必要があります。

今回はその避けるべき食品だけ紹介して、後日はおすすめの食品について紹介します。

完璧主義より最適化

食事を変えるにあたって、まず一番大事なのは自分がどれほど変えられるかということを決めて、少しずつ変えていくことだと思います。

ベジタリアン、ローフード、パレオダイエット、糖質制限ダイエット、筋トレ用のスパルタ的なダイエットなど色々ありますが、どのダイエットもいきなり完全に変えるのはおすすめできません。

体に負担をかけるだけではなく、自分を精神的に追い詰めてストレスの原因になったり、同僚や友達との食事などで社会的にも影響が出ることもあるので、まずは自分ができることを少しずつ取り入れて、食事を最適化し続けることが大事だと思います。

この記事シリーズや参考にしているデトックスのサイトで書いている内容は「完璧」なダイエットを示しているのですが、完璧を目指さず自分のペースで食事を改善し続けましょう。

避けるべき食品

砂糖(=ほとんどの加工食品)

最近ではもはや常識になっていますが、健康の一番の敵は砂糖です。

砂糖は売っている食品のほとんどに入っていて、中毒性が非常に強く、一般的な生活をするだけでも砂糖中毒になります。

疲れている時、ストレスを感じている時や砂糖をしばらく食べていないと、体が強く欲しがることが誰にでもあると思いますが、それは依存症になっている証拠です。

健康になりたい方、ダイエットしたい方、デトックスしたい方はまず砂糖を極限減らすか、完全に断つ必要があります。

デトックスの場合、体内にある菌類、寄生虫類などが砂糖を餌にしているので、尚更止める必要があります。

加工食品やスイートだけでなく、健康的とされている果物、ハチミツやアガベシロップも止めた方が良いです。

甘さを加えたいなら、砂糖が入っていないステビアや、甘い系のスパイス(シナモンなど)がおすすめです。

グルテン

グルテンのアレルギーはセリアック病と言いますが、アレルギーではなくても、影響を受けることがあります。

グルテンは体内炎症を起こしやすい成分で、食べ続けると腸透過性やリーキーガット症候群になりやすくなります。

そのほかに自己免疫疾患や様々な脳の疾患にもなりやすいようで、グルテンを完全に止めた方が良いです。

主にグルテンが入っているのは麦を使う食べ物で、パン、パスタなどをあげられますが、他の市販の加工食品にも入っていることが多いです。

嬉しいことにグルテンが入っていないパスタ粉類をiHerbで安く買えるので、より体に良い食事法に移行しやすいと思います。

乳製品

グルテンと同じように、乳製品で体内炎症を起こしやすいです。

また、牛を初めとする工場農場の家畜はひどい扱いを受けて、非常に狭いスペースで強いストレスを感じ続け、薬漬けにもなっています。

牛の場合はより多く、そしてより長く乳を出すためにエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンを与えられ続けているので、そのホルモンも牛乳に入ってしまいます。

エストロゲンは発がん性があり、ホルモンバランスを崩すとても強いホルモンで、人間がそれを摂りすぎるとホルモン機能が悪化し、男性の場合はテストステロンのレベルが激減してしまいます。(草食男子が増えているのは、プラスチックに入っているBPAやフタル酸エステル、そしてホルモンと副腎の機能に悪影響を与える砂糖や乳製品が多いからだという研究もあります)女性にも影響があり、月経の様々な障害の原因です。

ホルモン以外にも、色々な不純物が牛乳に入っている可能性があり、その中にはダイオキシン、アフラトキシンや抗生物質などの効力の強いものも入っています。

どうしても乳製品を食べたい場合はできるだけ質の高いオーガニックで人道的に育てられた牛のものが良いです。

おすすめできる乳製品はギー(澄ましバター)、生のバター(日本では残念ながら売っていない)とコロストラム(初乳。iHerbではサプリとして買えます。愛読しているデトックスのサイトはアメリカのこちらをすすめています)です。

人工的な添加物

最後には、人工的な添加物が入っている食品もできれば止めた方が良いです。

それはほとんどの加工食品に入っていて、体には様々な影響を与えます。

スーパーなどで食べ物を買うとき、材料のリストを見るだけで入っているかが分かります。

材料のリストが長ければ長いほど、入っている可能性が高いです。カップ麺などの成分表を見るだけで目が回ります(笑)

特に危ないものとして、亜硝酸塩、人工甘味料、合成着色料、防カビ剤、トランス脂肪があげられます。

このサイトで危険な添加物のリストと詳細なリスクなどが詳しく紹介されているので、興味のある方は読んでみてください。

リソース

関連記事

  • 1
  • 2
Search