skip to Main Content

ダイエットと健康に最適なMCTオイル

 

2014-05-24 09.37.28こんにちは、ゴジッポです。

本日ご紹介する商品は、ナウフーズのMCTオイルです!

MCTオイルとは

ココナッツオイルもまだ普及していない日本だと、MCTオイルもまだそれほど知られていないと思いますが、実はとても良質な油で、しかも太りにくい為、アメリカではダイエットや健康のために使っている人が多いです。

MCTは、medium-chain triglycerideの略で、日本語にすると、中鎖脂肪酸トリグリセリドです。 脂肪酸は主に3種類に分けられ、短鎖脂肪酸中鎖脂肪酸長鎖脂肪酸があります。 短中長が指しているのは化学構成の長さです。

短鎖脂肪酸炭素鎖長が6以下のもので、バターに入っている酪酸等があります。

中鎖脂肪酸炭素鎖長が6から12のもので、ココナッツオイルなどに入っているカプリン酸などがあります。

最後に、長鎖脂肪酸炭素鎖長が12以上あるもので、植物油や動物性脂肪に入っているものがそれです。

短鎖脂肪酸中鎖脂肪酸は消化がしやすく、体がそれらを早くエネルギーに変えてくれるのに対して、長鎖脂肪酸は肝臓の中で酵素によって消化される必要があるため、消化に時間がかかります。 また、工業的に加工されているほとんどの長鎖脂肪酸が入っているもの(マーガリン、キャノーラ油、植物性の生クリームなど)が体にとって大きな負担を与え、心臓病につながる動脈プラークを蓄積させている主な原因だとされています。 しかし、オメガ3や6などの長鎖脂肪酸も脳の働きなどに必要です。 それらをとる場合はできるだけ、自然の状態のままのものをとった方がいいです(魚、アボカド、肉類など)。

MCTオイルの効果

本題に戻りますが、中鎖脂肪酸トリグリセリド(以下MCTと記載する)は消化がしやすいため、あまり体に蓄積されないため、よっぽどの使い方でない限り、MCTオイルで太ることがありません。

MCTが多く入っているココナッツオイルが健康にいいとされているのは、それが理由の一つです。(他に抗菌作用や脳活性なども挙げられます

そのため、体重管理やダイエットでMCTオイルがよく使われています。 iHerbのレビュー欄でも、いつも使っていた油をMCTオイルに変えただけで体重が減ったと書いている方が何人もいます。

MCTオイルは無臭で無味のため、どんな料理にでも使えるので、ココナッツオイルの味が苦手な方にはちょうどいいかもしれません。 コーヒーに入れている人もいるようです。

体重管理のほかに、ホルモンなどにも効果的なようで、糖尿病や高血圧にも効果があったという研究も出ています。

ココナッツオイルやマカダミアナッツオイルほどは知られていませんが、かなり良い油なので、とてもおススメです♪


iHerbでお買い物する際、AMU409という紹介コードを記入すると、5%引きになるので、是非ご利用下さい^^
今日も読んで下さってありがとうございました。ランキングに参加しています。励みになるので、応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 美容ブログ iHerb生活へにほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村 美容ブログへ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back To Top
×Close search
Search